思考の遊戯・続

「雑読雑感」の管理人・レグルスの読書メモ、映画のネタバレ感想など

炎舞館の殺人

 月原渉 ☆☆★ 新潮文庫焼き物に偏執した男の、『魍魎の函』よろしく真四角の館。舞台は明治。 館の中に3つある陶芸窯の中や、館の中で連続殺人がおこる。中にいるのは、『探偵映画』よろしく消えた陶芸の師匠と、身体のどこかしらに欠落を持った弟子たち。…

『ハケンアニメ』☆☆☆★面白い要素は多いが、全体的にはブレーキになる(ひっかかる)要素も頻繁に出てきたので、イマイチ乗り切れなかった。 全体の設定も、展開も映画『バクマン。』と大体同じ。「お仕事もの」である。 アニメ業界を俯瞰する、という意味で…

アンリミテッド

 ☆☆☆★原題は『TRACER』で、邦題は作中のセリフから取っているので、まだましなほう。 パルクール映画で、代表的なのは(観たいけど未だに未見な)『ヤマカシ』だろう。それの印象が強すぎて、本作も舞台はニューヨークっぽいけど、なんかフランスに見えて…

透明人間 2020年版

 ☆☆☆評判が良かったので期待したが、悪い意味で予想を裏切られた。 映画館で観れば、高評価であっただろうと思うのだが、家で観るには向いてないかも。 画面が暗いし、いくらなんでも、どのシーンも間が長すぎる。これ、映画館で観れば正反対の評価になる…

ヒッチャー

☆☆☆★情報ゼロだったが、オーディオ・コメンタリー(ケーブルTV版)でいきなり観たので、楽しく勉強できた。 ストーリーは、『激突!』に近く、『アオラレ』と同じ。なんと言っても、主人公の日常とかは描かず、いきなりヒッチハイクで犯人を乗せるところか…

キル・チーム

☆☆☆実話を元にした話ということで、『アウトポスト』に近いが、内容は『閉ざされた森』的な雰囲気もある。 最初は、中東の某国に派遣されて米陸軍の部隊の若者の目線で、テロの実情を描く。少しでも実情を知る人ならご存知のように、善良そうな一般市民だ…

映画を早送りで見る人たち

☆☆★先にYouTubeでの鼎談を読んで、大いに興味を惹かれたが、内容から、「話題に出た以上の内容はないのでは?」という予感も大きく、結果的にその通りだった。 よく言えば洋書(の翻訳)に多い、取材した事例をてんこ盛りにしたスタイル。 色んな人に広義…

牙狼之介

 ☆☆☆★特撮シリーズ『牙狼』の元ネタ(タイトルだけパクリ?)として、そういう作品があったのはどこかで見知っていたが、映画を観たのは初めて。 まず驚いたのが、題名。主人公の名前なのだが、「がろうのすけ」という名前ではなく、フルネームで、「きば…

吼えろペンRRR

 ☆☆★中編というか、三作のうち、前後編もあるので、実質二篇。 最初は、「島本和彦」が経営するTSUTAYAが閉店するまでのエピソード。後半は、「お笑いマンガ道場」出演裏話。 そう、これ、キャラは炎尾燃だが、完全に作者である島本和彦そのものの話なのだ…

タンポポ

 ☆☆☆★ほぼ情報ゼロで観た。最初に驚いたのが、冒頭に、いきなり「第四の壁」を破って、登場人物が語りかけて来ること。おまけとして、彼が若き役所広司であることが後で分かって、二度驚くが、それは本作の演出意図とは全く違うはなし(^^;) 『お葬式』と…

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き

 ☆☆☆★ネコを追ったドキュメンタリー。追ったと言っても飼い猫だが(^^;) 飼い猫と言ってもさすがに都会の室内ではない。 舞台は2つ。北海道の牛舎で飼われる十匹ばかりの猫。もうひとつは、ミャンマーだかどこか、東南アジアの水上村の、とある家で飼わ…

逆説の日本史(27) 韓国併合と大逆事件の謎

 井沢元彦 ☆☆☆☆ 小学館「本来「エンペラー」とはローマ帝国の支配者およびその後継者に与えられる称号であり、「皇帝」とは中国本土の統治者の称号である。これと神の子孫である日本の統治者を示す「天皇」という称号はまったく別物」「「銀行」は英語「BA…

『グレートメカニックG 2022年冬号』☆☆☆☆ 何度目かのMSV特集だが、今回も良かった。『Vガンダム』までのMSVを俯瞰する内容と、ファーストのMSVに深入りする、両面作戦。 ファーストのMSVでは、今まで黒子として、あまり語られることのなかった増尾隆之氏のイ…

映画大好きポンポさん

☆☆★評判だったので期待して観たのだが……。最初は「ふんふん、めちゃくちゃテンポ良くて面白いやん」と思ってたが、先に進むにつれてどんどん評価が右肩下がりに(^^;) 要するにこれ、子供向け(あるいは仕事に疲れたアニメオタク向け)映画なんだよ。オトナ…

マルサの女

☆☆☆てっきり主人公がマルサ(税務署)の職員かと思ったら、最初は市役所の税金担当らしい。税務署に配置換えになるのは、1時間ちかく経ってからだ(追記訂正 税務署から国税局。高橋洋一氏の動画が参考になった)。これ、前半はまるまるカットしてもいいん…

地獄門 追記

 乗馬で自分の能力を誇示したり、他人の女房を奪おうとしたり、酒の席で暴れたり、挙げ句の果てに、その女の親を人質にとって、当人を殺す手引きをさせるとか、武士って、やってることは、ヤクザと一緒だなぁ(^^;) と思った。最近ヤクザ関係の本を続けて読…

太秦ライムライト

☆☆☆☆時代劇好きなら「知らなきゃモグリ」と言える、「日本一の斬られ役」福本清三氏を主役にした(後にも先にもこれしかない)映画。 文字通りの日陰者、裏方に光を当てる、という意味でも、記念碑というか、日本映画界の歴史遺産である。 どうせならドキュ…

ヴァンパイア 最期の聖戦

☆☆☆ジョン・カーペンター監督。カーペンター節(劇伴)はあんまり感じなかったかな……。特殊メイクは「らしかった」けど。PG12は四肢が千切れたり血が出る描写のためか。全然グロくないけどね。 話としては、アメリカの田舎で、吸血鬼ハンターと吸血鬼たちが…

お茶漬けの味

☆☆☆小津安二郎監督。夫に嘘をついて女友達たちで旅行に行こうと画策する。ウーマンリブ的なフェミニズム映画? と思わせつつ、実は分かってました、という、冴えない男と思わせて男にも、芯があった、というオチ。タイトルからしてネタバレというか、「どう…

ハウルの動く城

☆☆★公開当時から観るつもりはなかったが、押井守が宮﨑ジブリ映画の中で唯一、部分的にせよ褒めていたので、「じゃあ観てやろう」というスタンス(^^;) 出てくる要素が、どれも前後の宮﨑映画で観たものばかり。もちろん、同じテーマを語り続ける映画監督…

レクリエイターズ ネイキッド(2)

☆☆☆☆☆いやー、久しぶりに面白かった。ラストはちょっと落涙しそうなくらい。クライマックスのツイストは、ちょっとずつ予想がついたのだけれど、そんなの関係ないくらい十分な内容。 この下巻は、アニメでもコミックスでも見たことない内容だったが、上巻と…

レクリエイターズ ネイキッド(1)

☆☆☆☆ふと深夜に見たテレビアニメで、「知ってたら最初から観てたのに」と地団駄踏んだ作品。途中から見るのも何なんで、結局見ずに終わった。 コミカライズは買ってたけど、途中からで終わっちゃうし(´Д`) 待望の、最初から「物語」を読む事ができた。 私…

カトマンズの男

☆☆★ジャン・ポール・ベルモンド主演。 ラジオ『アトロク』でやってた、実は凄いアクション俳優というくらいしか知識がない。 物語的には、大富豪で、何でも手に入るから、意欲がなくなって自殺を繰り返す、というのが主人公。それが、一晩にして破産して、…

ブラック・レイン

☆☆☆★撮り方とか、物語のトーンとか、まんま『ブレードランナー』やん(´Д`) 松田優作、私的には全然格好良く思えなかった。田原俊彦似の、のっぺりした顔の平凡な男。ヘン顔の顔芸は、ブルース・リーのマネ? みたいな(^^;) フード演出がちゃんとしてたなぁ…

雨月物語

☆☆☆☆これと名作とされている白黒邦画。 物語は、なんとなく『七人の侍』とか『隠し砦の三悪人』なんかの黒澤映画っぽい。原作は平安時代じゃなかったっけ?? それを舞台を戦国時代に移していることも、黒澤映画っぽい要因かも。白黒ながら画面の美しさ(何…

女賊と判官

☆☆☆★有名なマキノ雅弘監督作品は初めて観る。 始のうちは、女盗賊が手前の屋根から下へ降りて画面から消え、下の道から現れるのを1カットで見せるなど、画面の手前から奥へなど凝った見せ方に、素直に驚いていた。 ところが、途中から大人向けと思われた要…

U・ボート

☆☆☆☆古典とも言える超有名映画で、しかも戦争映画なので、今更見るまでもないと思っていた。ふと思い立って観てみたら、これが普通以上に面白い。早送りする暇もなく観れた。 まずは、大戦中の潜水艦に詳しくない私から見たら本物、または実物大プロップを…

危険な情事

☆☆このタイトルかつ家族ものでホラーってどういうこと? と思ったが、パーティー会場で色目を使う女が登場したところでもうオチまで読めた(^^;) この不倫相手ってのが、私的にはアラフィフの不細工なおばちゃんにし見えないのだが、白人にはモテる顔らしい…

続 アドラー心理学 トーキングセミナー

野田俊作 ☆☆☆☆ 星雲社育児を中心に据えた(家庭や、会社内教育など、全般もそこそこ触れている)、アドラー心理学のセミナーを書籍化したもの。 「同性のグループ(略)いつも同じメンバー(略)このぺったりくっついている友達ができすと、育児は終わりで…

『透明人間現る』☆☆★東宝特撮では、ありそうでなかった、というかここでやってたから逆にできなかったのか、という発見。『ゴジラ』の5年前の、大映なのに円谷英二が特撮を担当しているのだ。 まあ、その特撮は、現在なら自主制作でもできそうな、子供騙し…