思考の遊戯・続

「雑読雑感」の管理人・レグルスの読書メモ、映画のネタバレ感想など

おかえり、ただいま


☆☆★

平成15年とかに起きた、名古屋の闇サイトOL殺人事件をもとにした、ドキュメンタリーも再現ドラマをミックスした作品。
ケーブルテレビの番組紹介にはドキュメンタリーとあったのに、いきなり斉藤由貴が出てきて驚いた。見終えてから分かるが、前半再現ドラマ、事件発覚後、つまり制作元の東海テレビの取材が入った時点からはドキュメンタリーという構成。結果的には、『NHKスペシャル 未解決事件』と同じ構成になっているのが面白い。あっちは時系列に関係ないけど。
被害者役は、見たことあると思ったが、最近では『科捜研の女 劇場版』で佐々木蔵之介に心酔する女性研究者役の人だった。
要するに、犯人たちは、闇サイトで数日前に初めてあった男たちで、しかもヤクザか、半グレ的な面々。単純に、夜の住宅街を帰宅中の、金を持ってそうなOLを拉致して、通帳を奪い、暗証番号を聞き出して殺してしまおう、という「まことに身勝手かつ悪質な犯行」を計画した。
ドラマパートは、いかにも地方局のテレビドラマという、フラットなルックかつ、いきなり雨乞いの儀式(ごっこ)を始めたり、斉藤由貴が娘の死に際して泣き崩れるシーンも、頑張って演技してるのに、なんか浮いて空回りしてるし。
どうやら、テレビ番組を再編集した劇場版らしいが、映画化に際しては、ドラマパートを抜いて、関係者インタビューだけにすれは良かったのに。裁判の傍聴音声とかが流せない(そもそも録音不可か)ので、裁判で公になった事実は、客観的事実かのように映画に組み込めなかったのか。それはなくても、警察や検察は取材させてくれないだろうし、記者会見の映像だけでは、そういう構成が取れなかったのかな。

心霊ドクターと消された記憶


☆☆☆★

原題は『BACKTRACK』。邦題で半分ネタバレしているような感じだが、本作には序盤と終盤にツイストが仕掛けられた構成となっている。
序盤のほうは、映画ファンなら誰でも知ってるヤツだが、これと似た仕掛けの作品を見たことがなけば充分驚くだろう(でも、未見でも、邦題から勘づかれるかも)。
終盤のしかけについてはネタバレ欄で書くとして、全体としては、ルックもふくめて堅実に作ってはいるが、地味というか、パンチに欠ける仕上がり。
ジュラシック・パーク』のサム・ニールも出ているが、序盤だけのゲスト出演だったし。

以下ネタバレ

邦題から、序盤で心理カウンセラーとして、クライエントが幽霊であることは、私でも分かった。
第二幕としては、その幽霊は何を訴えたいのか、を探るミステリー的な展開となる。
それが、主人公が少年時代に友達とピーピング・トム(森の中でカーセックスをやってるという噂を聞きつけて)に来た時に、線路に置きっぱなしにしていた自転車のせいで、列車が脱線事故して、あ47人が死亡し、その恨みだという。いや、いくらなんでも、あのど田舎で、敢えて線路上に自転車を置くなんて、幼児でもあり得ないでしょ(´Д`)
自責の念から、記憶を封印していた、というのもご都合主義に感じるが、さらに脱線の車内に、線路脇の信号機小屋で誘拐・殺害した少女が放置されて、その少女が成仏できずに、主人公に真相究明を訴えていた、というオチ。
なんか『オッド・トーマス』みたい。というか、幽霊ものの国内ミステリーではありがちな展開。

ベイビー・わるきゅーれ2 再


☆☆☆☆

改めて見ると、本作がアクションも本格的ではあるが、根本はあくまでもコメディであることに気づく。
特に、コメディ映画ではお馴染みのシチュエーションで、観客が突っ込んでいた笑いの要素を出しておいて、その後で必ず、「現実にあったらこうなる」というどんでん返しを用意している。お笑い的に言えば「フリとオチ」であり、新本格ミステリー的というか、構造的に言えば、「メタなツッコミ」である。

ねじの回転


☆☆☆★

以前からミステリーの映画だか小説だかの本を読んでいると、古典的名作として、度々名前が挙がるので、気になっていた。
原題は『TWIST OF SCREW』で、別にネジとは言っていない。本文を読んでみても、『もう一捻り』的なニュアンスである。
内容は、19世紀のイギリス。代々の執事な住み込みの家庭教師がいなくなるいわくつきの家で働くことになった女性が残した手記を作中作的に載せているが、入れ子構造、メタ趣向というより、単なる前座的な説明に過ぎない。手記そのものは、撤退して、その女性のナイーブすぎる主観視点で描かれる。ホラーそのものと言ってもいい。
まるで天使のような男女の子供だが、上の男の子は、学校を退学になった。そして、屋敷の外で、不審な人物が目撃される。
直前に『ライトハウス』を観たということもあってか、極めてホラー映画に感じた。
最初に書いた点でいえば、本作はホラーまで含む広義のミステリーとは言えるかもしれないが、謎が解ける島田荘司的な推理小説ではない。私に言わせれば、幻想文学か、普通にホラー・サスペンス。あんまり使いたくない定義だが、スリラーというのが最適化かも。

ツィゴイネルワイゼン


☆☆☆★

ちょくちょく(主に居島一平ちゃんから?)言及があるので、気になっていた作品。リマスター上映を機会に、ケーブルテレビで放送してくれたのがありがたい。
変な映画であることは間違いない。不条理というか、ナンセンスコメディというか、超自然的ホラーというか……。
時代のせいか、『それから』みたいでもあり、押井守庵野秀明作品にも多大な影響があったことが分かった。特に拍子木の、ブリッジとしての使い方とか。
主演の原田芳雄演じる中砂は、元から好きではない(20年前くらいに、テレビのバラエティ番組で見た時もそうだったが)けど、本作では、前髪で左目を隠しているのがめちゃくちゃ気に障った。最初は、眼帯でもしているのか思ったくらいに。まあ、中盤に、親友の青地の妻に、右眼を舐められるシーンがあるから、それを強調するための布石だったのかもしれないが。
とにかく、全編に、心にひっかかる嫌な、変な、エロチックな描写のオンパレード。
押井守作品で言えば『御先祖様万々歳!』の効果音の入れ方で、『天使のたまご』のアート映画的な説明放棄演出による仕上がり、という感じ。
一見、つながりのわからない展開は、『エヴァンゲリオン』テレビシリーズの終盤がそれに似ている。
全編アフレコで、声と口パクが微妙にずれているのが、ホントに気持ち悪い。これは、こういう効果を狙ってアフレコにしてるのが半分なのかな?

以下ネタバレ

驚いたのが、主人公だと思っていた原田芳雄が、終盤に入るころに死んでしまうこと。主人公は、バディ役であった青地ということなのか、真の主人公は物語そのものということか。本作は、監督の発言でも、怪談というのが最適なジャンルらしく、怪談ならば語り手以外の登場人物は、ひとことで死んでしまう、絶対的な、どうどてもされる存在だから。
そもそもが、ありがちな物語のパターンに則った展開から逸脱する場面の連続によってでてきている映画でもある。
序盤の、めくら三人組とかね。

少林寺 復讐の飛龍拳


☆☆

漠然とした邦題だが、主人公は方世玉と聞けば、ジェット・リーファンならすぐ想起するのが『飛龍』シリーズ。筋立ても、なんかどこかで見たような感じ。『激闘飛龍』と『血まみれドラゴン』を合わせたような感じ。
悪物が、香港アクション映画好きなら見たことある人であることくらいで、アクション的にも、キャスト的にも、あんまり見どころはなかった。
なにより、主役が、弁髪のくせにパンチパーマ(弁髪なら剃ってあるべきところが)という、奇妙奇天烈なヘアスタイル。顔も、なんか妙な感じで、全然見どころがなかったなぁ。

蒼き鋼のアルペジオ(26)


☆☆☆☆

群像がタカオに移乗し、アメリカのビスマルクとの対決。
作画の嗜好として、鼻の上と眉間の間に影のようなトーンを入れるのが、なんか気になったなぁ。下からのライトが当たっている風の表現だと思うけど。
おまけとして、全国巡行原画展のための短編マンガを収録。そのタッチが、『ミニパト』というか、そのキャラデザの西尾さんのタッチまんまなのが楽しい。