思考の遊戯・続

「雑読雑感」の管理人・レグルスの読書メモ、映画のネタバレ感想など

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』☆☆☆

無印だけど、三部作のパート1に当たる。原作は既読で、『ガンダムエース』で最大限に宣伝していたので、期待は膨らむのだが、完全値引きシャットアウトの映画公開にドン引きして、劇場には見にいかず。ネットでの冒頭10分で「おやおや??」と全然面白くないのにさらに不安は高まる。MS描写は絶賛されていたのだが・・・。
本作の感想を一言で言えば、尺(と予算?)を潤沢に用意されると、大抵の場合はダメになり、制限が多い方がえてして傑作が生まれる、というジンクスを痛感した一作。
実写を意識した芝居と言えば良い意味かもしれないが、編集は最近の映画とは真逆の、実に間延びしたもの。セリフがゆっくりであることと相まって、早送り(1.3倍とか)でちょうどいいテンポなのだ。観ている間じゅう、戦闘シーン以外、ずっとイライラしっぱなしだった。
これと比べると、いかに富野アニメが演技も、セリフも、レイアウトも濃密でハイテンポであるのかがいやでも分かる。セリフがほぼ原作小説のままであることからも対象的に。本作を『逆襲のシャア』とか『F91』の絵コンテの密度で作ったら、40分くらいで収まるのではないか?
又、作画は基本的には頑張っているが、作画監督が10人近くいる割に、カットごとのバラ付きが結構あり、特にハサウェイは、主人公の割にキャラ(個性)の弱いデザインでもあるので、それが顕著になってしまっている。
逆に、美術は異常なまでに凝っている。市街地の作り込みもそうだが、植物園ではまるで実写かと思うほどの凄まじさ。別にキーとなるシーンでもないのに(´д`) 無駄な労力とはこのこと。
ギギというヒロインの存在が、本作の人間関係のキモともいうべきなのだが、これに関しては判断保留、というところ。原作にもある、少女と大人の二面性、という部分はうまく表現できていると思うが、政府高官である老人の愛人、という立場に関してはほぼ表現されていない。唯一あったのは、ホテルから避難するシーンで、エレベーターに乗り合わせた男女の、女の胸から汗が垂れるのを見逃さず、彼女も自分と同じであることが分かる、というシーンくらい。原作を知らない観客からすると、フィルムだけから判断する限りでは、ガンダム的には、ララァとクェスを合わせたような、はたまたプルをリアルタッチにしたような感じになっている。
MSアクションは、中盤の市街地襲撃シーンが素晴らしい。人から見てのMSの巨大感を表現したものでは『F91』とはまた違ったベクトルで、『08小隊』を超えて、『ガメラ3』的な終末観を醸し出している。エメラルだが爆風・爆圧に備えて耳を塞いだり、ビームの飛沫で火災が発生したり、というのはこれまでなかったリアルな描写。
マニアックな視点では、原作にいたメッサーというキャラは、MSと紛らわしいからか、抹消されている(^_^;)
キャラといえば、エメラルダとか、ハゲで周囲がツンツンヘアの連邦軍の副官とか、ちょくちょくマンガチックなデザインのやつがいるのが気になった。
メカ描写も、基本的には過去最高レベルのリアル寄りの素晴らしいものだが、こうなると、余計に『ゼオライマー』みたいなクスィーとペーネロペーの異形さが気になる。ここまでリアルな世界観だと、やはり『センチネル』的な、地に足のついたデザインにして欲しかった。とはいえ、ガンダムビジネス的に、今更過去を全否定するわけにもいかないだろうなぁ。
いや、こういう演出にしたいなら、そういうデザインの『ガイア・ギア』にするべきだったのだが・・・。
マン・ハンター用に腰に機銃座がついたジェガンだが、ちょっとやり過ぎでしょう。カトキデザインとはいえ、監督か玄馬氏のアイデアかもしれないけど。対人用なら、トロハチなどのプチ・モビやミドル・モビルスーツであるドラケンが最適だと思うけど。

ランボー3 怒りのアフガン

☆☆☆☆

世間的には「しくじり先生」扱いされている本作だが、私は普通に楽しめた。3部作の順番をつけるなら、好きな順に『3』『2』『1』となるくらい。
まあ、これは多分にアクション及びミリオタ視点という偏ったフィルターゆえな気がするけど(^^;)
残念なところは、トラウトマン大佐の位置付け。確かに『1』での、ランボーへの言動とはある意味正反対だが、これはまあ『1』だけがある種の文芸映画路線であり、『2』以降はジャッキーとかノリス的なお気楽アクションへとシフトチェンジしたので、今さら問うまい。
それより、序盤で双方にアフガンで捕虜になったり、救出しても、年老いたとはいえ、現役の軍人にしてあまりに鈍重なのが気になる。なんか『裸の銃を持つ男』のレスリー・ニールセンみたい(´Д`)
冒頭で、ランボーがタイらしきところで地下賭け格闘技をやってるのは、やさぐれ(おちぶれ)た戦士の定番表現なのだろうか。この時点では、『3』つながりというわけじゃないけど、『マッドマッマクス サンダードーム』の悲劇か? と危惧したのだが、ここからは上がる一方で良かった。
アフガンに赴いたランボーは、現地の協力者のツテで武器を取り寄せ、アルジャジーラだかタリバンの村で、潜入するための、情報収集する。ここでガキが出てくるので嫌な予感がしたが、案の定、「ついて来んな」と言ったのに、勝手に着いてきて、言わんこっちゃない、負傷して足を引っ張ることになる。こいつがいなければ、ランボーも脇腹をやられることなかったんじゃないかなぁ。
アメリカがアルジャジーラを支援したから、後にビンラディンを産み、911テロを引き起こす、自業自得だという非難があるが、井沢元彦的に、当時の人の立場で考えれば、冷戦真っ最中、ソ連という当面の敵を倒すために、現地のゲリラと共闘するのは、当然の選択である。やってることは、『最後の戦場』と一緒。
ソ連のほうは、アフガン人のセリフで、虐殺、強姦などが出てくるが、直接の描写はない。ソ連軍が武装ヘリで現地ゲリラの村(それはつまりランボーが侵入作戦を練っている村である)を襲って、大量の犠牲者を出すことくらい。おとは、捕らえたトラウトマンやアフガンゲリラを拷問してアメリカの軍の情報を吐かせようとしているくらい。その拷問も、腕を縛り上げたり、電気椅子、殴るくらいで、『2』と比べても穏当な感じ。火炎放射器は、見せるだけで、捕虜に対して使っているところは見せないし。
ランボーは、首が顔より太く、体型はまんま実写版『北斗の拳』である。ラジー賞で最低主演男優賞となっているらしいが、本作はメチャ頑張っている。アクションはもとより、脇腹に刺さったトゲを抜くシーンは、押し出すだけでなく、抜けた棒の先端を平らにして、中に入っている棒を押し出す、水で洗う、おまけに燃える小枝を突き刺して殺菌する、という執拗な、先に挙げた拷問シーンがあったとしても、それを上回る凄まじいもので、これだけで普通のスプラッター映画そこのけ(^_^;)
地下洞窟に降りてゆくところからのシークエンスは、まさかの今年に作られた『デューン砂の惑星』でオマージュされてたと言っていいんじゃないの? 青いサイリウムの使い方も手榴弾につながったトラップだったり、矢につけて、敵に刺さったやつを敵がランボーだと誤認してそちらを撃ったり、工夫を凝らされている。
ミリオタ的には、やはりソ連のヘリが3種類出てくるのが見どころ。序盤から、たっぷり登場する。ラスボスが乗るやつも、『怒りの脱出』と似ているようで、違うタイプ。どれも逆V字のスタブウイングなので、一見同じに見えるが。
ラストにランボーが小隊規模のソ連軍地上部隊に突進してゆくところはちょっとどうかと思うが。そもそもアフガンゲリラは騎馬隊なんだから、トラックの機関砲のみならず、シルカから戦車から攻撃ヘリまでいる正規軍では鎧袖一触でしょ。あれでゲリラが勝つ、というのはミリオタ的には看過できないけど、ランボーの勢いで「まあいいか」となってしまう(^_^;) ランボーが一人でTー62らしき戦車(砲塔リングが腰高なので、何か西側車両の改造なのかも)を操縦しながら射撃して、それと攻撃ヘリが激突する、というのもあり得ない。けど、この時代のアクション映画って(良くも悪くも)こんなもんでしょ? と思ってしまう。

ウルトラマンジード 劇場版 繋ぐぜ! 願い

☆☆☆★

怪獣に滅ぼされそうになった宇宙人が、お宝と共に脱出した。その先が地球(本作では沖縄)だった、という、特撮ものでは定番中の定番の設定。
お宝は、独鈷杵みたいなアイテムだが、はっきり言って、何がお宝なのか、資格が何なのかはさっぱり分からない。
致命的なのは、ウルトラマンだから使える、というのだが、本作にはウルトラマンが3人出て来るのに、ジードでなければならない理由がないこと。ゼロには触れる機会がほぼなかったからいいとしても、オーブは人間体としてリクと一緒に活動していたのだから。
脚本構成的には、リクが落ち込む必要があるのは分かるのだが、落ち込む意味も、復活する理由もよく分からない。そこで決め台詞である「じーっとしてても、どうにならねえ!」と叫ぶのだが、それならなんでじーっとしてたんだよ! と、ツッコミたくなる。
本作では平成ウルトラマンではお馴染みの(?)サブキャラ、グレンファイヤーやミラーナイトも登場するのだが、四人いっぺんに行動し、敵惑星のバリアに阻まれて四人とも、地球の外から傍観しているだけ。何しに来たんだよ!?(´Д`) ラストに、リクが子役で出ていた時の相棒に事実上のツッコミを入れられていたので、ある意味、そのためだけに登場させたのかもしれない。
ゲスト怪獣は、滅ぼされた宇宙人とセットのなんとかシーサー。どこからどう見てもデカいポケモンである(^^;) これがまた文字通りの咬ませ犬で、全く役に立たないんだなぁ(´Д`)
本作で良かったところは皆無かと言えば、孤高のヒール役のジャグラーが味方として共闘し、その中で「地球の平和を守ってみたいかも」なんて言って、それが後に『ウルトラマンZ』で実現したことだ。
また、カンフー好きとしとは、中盤に生身乱闘シーンがあったのは純粋に格好良かった。坂本監督の面目躍如。作中の設定はともかく、動きのキレ(中の人)だけで見れば、本職だけある、金ピカ宇宙人の上司が一番、次はレイト、最後はライハ。この3人が段違いで、その次のオーブ以下は素人やろうね。
川井さんの劇場は、燃える曲もなくはなかったけど、内容がフツーすぎて全体としとは印象に残らなかったなぁ……。

ランボー2 怒りの脱出

☆☆☆★

こちらは多分、30年くらい前にテレビで観たと思う。
前作とは全く違うが、世間的な『ランボー』のイメージは本作(と、次の『3』)で固まったのだろう。
ランボー』と『ランボー 怒りの脱出』の関係は、『ターミネーター』と『ターミネーター2』、『エイリアン』と『エイリアン2』のような関係にある。そういえば3つとも『2』はジェームス・キャメロンだわ(^^;)
前作では田舎の警察だったのが、本作ではベトナムの現地軍とソ連軍と、明確にスケール/パワーアップしている。
ランボーの使うガジェットも、ヘリから機関銃、爆弾つ弓矢、ロケットランチャーまで、まさしく軍隊の武装である。
ベトナムのとある村に牢屋に捕虜がいるか否かを単独、調査するのが任務。
それを発見して、とりあえず一人を救い出してランデブーポイントにたどりつき、迎えのヘリが来た。本当なら、そこの時点、45分で終わっていたのに、トラウトマン大佐の上官である司令官が作戦中止を命じたため、捕虜は殺され、ランボーは捕まることになる。
そこでのランボーが受けるのが、『重要証人』でも載っていた、水中拷問。共産党の伝統?(´Д`)
ただ、本作がラジー賞とか取ってる(審査員の目は節穴やね)のとは反対に、よくできているのは、司令官の意図にも大極的、政治的な理があること。復讐の連鎖による戦争の拡大を阻止する、と行くうことだ。アメリカ本国とは直接関係ないベトナムにおいてはなおさらだ。
それに対し、ラストで生還したランボーが司令官に言うセリフもまた、ひとりの国のために戦う兵士としては実に正しいもの。
で、捕まったランボーは、女スパイの協力を得て脱出するが、彼女が見事な死亡フラグの直後に撃たれてから、無双状態で捕虜を解放して、ヘリを奪って帰ろうとする。
そこで追撃してくるのが、ソ連のヘリなのだが、これが凄い。本体はチヌーク的な輸送ヘリなのに、ハウンドばりのパイロンをつけているのだ。ここが、ミリオタ的には燃えるポイント(^^;) まあ、まともに考えたら、ロケット弾どか撃てば一撃なのだが、そこは主人公を殺すわけにはいかないので、やられるわけなのだが。

七転びなのに八起きできるわけ

浅暮三文
☆☆★
柏書房

ミステリー作家が、世のことわざを現代の資料を駆使して解明する……? という本。
ざっくり言うと、文系の『空想科学読本』である。同書がお気に召さない人は読まなくてもいいかも。
それにミステリー作家らしく『邪馬台国はどこですか?』的な連想・飛躍がある。さらに土屋賢二的なペーソスでまとめられている。
土屋賢二のエッセイと同じく、連載(本書がどこかで連載されていたのか、書き下ろしなのかは記載がない)で日にちを開けて読むのがちょうどいいことは間違いないだろう。ひとつひとつの記事は、結構いろいろ調べて書かれた労作ではあるのだが。
唯一、本書でなるほどと思ったのが、「蛇に睨まれた蛙」が、カエルが金縛り状態なのではなく、剣豪が隙を伺って千日手状態である、ということ。

哲学人生問答

岸見一郎
☆☆★
講談社

『17歳の特別授業』シリーズ。結論からいうと、京極夏彦のほうがはるかに良かった。
著者のアドラー心理学の本は有用だったのに、高校生相手だから、大人が読むには不適当なのか。
質問内容は、友人関係とか進路、勉強のことがほとんど。
なかでも、もっとも引っかかったのが、
「ワンオペ育児など不可能です」
という箇所。もちろん、夫婦は助け合って育児すべし、という論旨なのだが、これではシングルマザー/ファーザーは満足に子供を育てられない、というに等しいではないか。

独ソ戦

☆☆☆☆
岩波新書

執筆の背景はあとがきに詳しいが、独ソ戦を戦史だけでなく、世界史、政治、経済、思想的に幅広く概説したもの。
入門書だからといって、いわゆる図解雑学シリーズのような浅いものではなく、必要十分な内容。唯一の不満は、ドイツもソ連も、非道な行為を行なっていたと、詩的・比喩的に書くばかりで、具体的な記述がスルーされている箇所が多いこと。もちろん、具体的な死傷者・行方不明者数が記されているところも多いので、それがない、ところは、ミクロの記録はあるが、信頼に足るデータが揃っていない、ということなのだろうか。

「日本の総人口は約7138万人であった。(略)戦闘員のうち、210万人(略)が死亡している。(略)非戦闘員の死者は55万人(略)ソ連は(略)1億8879(略)人口を有していたが(略)戦闘員866万ないし1140万人を失ったという。(略)民間人の死者は450万ないし1000万人、ほかに疫病や飢餓により、800万から900万人の民間人が死亡した。(略)ドイツも(略)総人口6930万人から、戦闘員444万人ないし531万(略)を死なせ、民間人の被害も150万人なし300万」

「大粛清(略)1937年から38年にわたって、3万4301名の将校が逮捕、もしくは追放された。そのうち、2万2705名は、銃殺されるか、行方不明(略)軍の最高幹部101名中、91名が逮捕され、そのなかの80名が銃殺された(略)元帥も、当時5名いたうち、3名が銃殺された」

「1944年までに、280万人の住民が強制労働者として、ドイツに送り込まれたという」

「570万名のソ連軍捕虜のうち、300万名が死亡した」

「「ファシスト抑圧者に対する祖国国民戦争」すなわちパルチザン

「士気阻喪した者や服従しない者を集めて、危険な任務に投入する「懲罰隊」制度が導入された」
ソ連のこの制度(?)は、後の中共のやり方と全く一緒。

スターリングラードで捕虜となったドイツ軍将兵9万のうち、戦後、故国に生きて帰ることができた者は、およそ6000名に過ぎなかった。」

「「城塞」作戦で投入されたドイツの新型戦車「ティーガー」」
独ソ戦も終盤に至って、ようやく登場したんだね。

「1943年(略)114万(略)の兵員、2800両の戦車(略)ソ連軍は」
第二次大戦も終盤なのに、凄まじい物量である。

「ドイツ軍は(略)当該地域の住民も強制移送の対象とした(略)その数は数十万におよぶとされる」

「ドイツ系移民が(略)財産を没収され、飢餓や伝染病に悩まされながら、多くは徒歩でドイツに向かったのだ。その総数は1200万ないし1600万と推定されている。うち死者は100万とも200万ともいわれる。」

独ソ戦の初期で生起した大規模な戦車戦については、拙論『幻の大戦車戦 消された敗北』」