思考の遊戯・続

「雑読雑感」の管理人・レグルスの読書メモ、映画のネタバレ感想など

『サバイバル・ファミリー』
☆☆☆★

突然に電化製品が使用不能になる、という現象に遭遇した東京のある家族が、サバイバルする姿を描く。
パニックもの、ディザスターもののバリエーションだが、ある意味で『首都消失』をミクロの視点で描いたような雰囲気もある。
ルックとしては『アイアムアヒーロー』みたいなのだが、撮影監督とかが同じだったりする??(調べてないけど) 序盤の、家の周辺に拡大してゆく非日常、という流れは全く同じ。
設定や展開は、SF短編でよくありがちなもの。
最初に挙げたように、災害に遭った時にどうするか、というシミュレーションものとしての効能もある。小学校で勉学のために上映したらいいんじゃないかな〜。
結局は昭和の暮らしがベスト、という結論にならざるをえない、というか、想像以上に電化製品がなくても何の問題もない(ように描いていた)のが興味深かった。

以下、ネタバレ

災害をエンタメ的に楽しむ藤原紀香時任三郎たち家族はやりすぎだが、おそらくもう何日も経つと馬脚を露わすであろうことが示唆されている(のではあるまいか)。その後に登場する本当の生活力がある農家との対比、という意味でも、そうでなければらないない。が、ラストで写真が送られてくるので、伏線としてはいいが、そういうテーマ的には、それってどうなのかなぁ…。
山口に至って蒸気機関車が登場する、というのはナイスな設定だが、それで鹿児島まで行く、というのは無理がある。定期的に運行してノウハウがある山口とは勝手が違って、九州では整備できないし、水や石炭も補給できないだろう。何より、山口周辺でピストンというか、シャトル運行するのが妥当だろう。
宇多丸師匠も行っていたが、原発の問題とか、全世界的な問題としてしまうと、いろいろポリティカル・フィクション的な問題が頻出する。どうせなら、それこそ首都消失的な、局地的な問題に絞ったほうがよかったのでは? ジュヴナイル短編小説とかなら、その辺は気にならないのであろうが。

レクリエイターズ(5)』原作:広江礼威/漫画:加瀬大輝
☆☆☆★
小学館サンデーGXコミックス

中盤の山場を作るためだけに(視聴者に飽きられないために)設定されたアクションシーンという感じ。
軍服の姫の能力が明らかになったり、設定改変が成功したり、ラストへの伏線もあるのだが……。ちょっとあざとさのほうが残ったかな……。
画面にいない人の名前がどんどん出てくるので、いちいち登場人物一覧を見ないと分からなかった(^_^;)
巻末に、ボーナストラック的に、原作者のマンガがあるが、誰が誰か分かりづらい。ギャグだから崩しているのと、文字通りのキャラ原案がこうだったのか、アニメがこうだったのか……。調べりゃ分かるんだろうけど(^_^;)アリステリアがバカすぎる、っていうのは激しく同意。そうしないと盛り上がらないから、バカな設定にしているのが、こんな設定の作品なこともあって、どうしても透けて見えちゃうんだよなぁ……。

『AV女優のお仕事場』溜池ゴロー
☆☆☆☆
ベスト新書

ベテランAV監督による、業界エッセイ。
ある種、大手かつベテランだからかもしれないが、一般的なイメージとはずいぶん異なるのが意外だった。本書中でも触れられているが、『AV女優』に出ているような、ある意味で病んでいるような人物はほとんど出てこない。
大小の事務所に所属し、事務所は所属タレントを商品として管理する。すぐに消える人も多いという点では、アイドルやモデルの業界と大差ないのかもしれない。
仕事内容が、ステージに立つか、ベッドかの違いだけで。実際に、撮影を終えれば、それ以上にスタッフに乱暴されたりはしないのだ。そもそも、現場としてレンタルしているスタジオ料金を超過する制作費の余裕もないとか。それこそ、AVである、面接に来たらそのまま乱暴される、というシチュエーションじたいがAVによるフィクション(演技)という事に気がつかなければいけない。テレビのバラエティやドキュメントが、「やらせ」だと言うなら、AVこそその最たるものかもしれない。
それは、女優が「感じ」たり、淫乱な表情を浮かべるのも同じこと。あくまでもそう演じるからこそ、女優と呼ばれるのかもしれない。

「年間一万本以上のAVが新作としてリリースされている」
「2000人の女優の約8割が、なんらかの理由で1年も保たずにAVを引退し、翌年には同じ数だけの女優が補充される」
「元祖・潮吹き女優といわれたのは、1988年にデビューした中野美紗(仮名)(略)ところが、2000年をすぎたある時期を境に、突然このおかしな現象がAV女優のスタンダードとなった。」
これは興味深い事実である。もしかしたら、フェラチオなんかもエロ雑誌が出る戦後になるまでは一般的には知られていなかったかも……?
「アマチュアに近い男優にまで検査させるからこそ、性病のリスクに関してAV業界は一般社会よりも安全」
これも、イメージとは違う。零細やアングラ業者はまた違う、ということかな?(どんな業者にも犯罪的な人間はいるものだし)
「現場はいつも愉快なスタッフたちや美しい女性の笑い声にあふれ、鬱になった人間など、この20年でひとりもみたことがない」
ってことはあの映画で描かれてたことは、ほぼ正確だったってことか……。

『映像の原則』富野由悠季
☆☆☆☆
キネマ旬報

富野監督による絵コンテ、演出論。
演出・監督希望者やアニメ関係者のみならず、これまた映像演出に興味のある人全てに読んで損のない一冊。
「正義の味方は左から入ってきて、右からきた悪漢をやっつけて、勝ったときに左に向いて右手に立ち、本当に強い人になる。」
この、カミシモの概念は、基本中の基本ながら、はっきり知らなかった(^_^;)
「その人物(キャラクター)にあった演技としての”歩き”と”走り”は容易に達成できない、と警戒したほうがいいものです。(略)”あの走る演技は良かった””あの歩きは良かった”という評価はまずありえません。」
「映画は冒頭の5分で全部見せろ」
「”とりあえずレイアウトを出す”という作業が定着したことで、演出家やアニメーターから、カット全体の芝居を創作させる能力を奪ってしまったという側面があります。
 その結果、一枚絵のようなカットがつづくアニメ、コマ・マンガの羅列のようなアニメを作るようになってしまったのです。」
「セルは3コマ後tに1枚変えても、背景の移動は1コマごとで撮影しなければならない」
「発声が自然体すぎると、声が画面の後ろのほうから出ているように聞こえます。」
「無音状態は(略)昔からやっている方法は、スタジオ内に数人の人を入れておいて、動かさず喋らさず音のない状態を録音して使ったものです。」

鈴木丈織『工場のメンタルヘルス』を読む

印象に残ったところ

「ストレスは責任感の強い現場リーダーほど感じてしまう(略)メンタルヘルス不調を防止するために、「よし」の三原則を活用させましょう。自分を無条件に信頼し、信念を自覚し、「決断のパワー」を簡単に意識づけできる口癖です。
(1)「よし。できる」(略)
(2)「よし。やってみよう」(略)
(3)「よし。もう一度」」

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上)』富野由悠季
☆☆☆★
角川文庫

30年ぶりに再読。ハイジャクから始まるのは覚えていたが、南洋の観光地での小競り合いは完全に失念していた。ケネスがペーネロペーパイロットではなかった、とかも、ケネス=シャア、パイロット=ギュネイ、というところ。実際、冒頭のハイジャクのシーンなど、『逆襲のシャア』を観ているかのようだ。
最近のスパイ映画さながらの展開や、テロリストの親玉が堂々と白昼で活動している、という先見性が凄い。
ギギという少女の二面性は、小説ならでは。
ガンダムマニアとしては、グスタフ・カールが、現在のデザインとまるで違うのに驚いた。当時は、ジェガン系のヒョロっとした体形だったのに、いつのまにかジェスタを超えるフルアーマー状態になっている(@_@;)

松下幸之助「成功する力」』大西宏
☆☆☆
実業之日本社

項目別に分けているので、重複が多いが、松下幸之助の言動への入門書としては良いのではないだろうか。
逆に何冊か既読の人には、改めて薦めることはないなぁ……。