思考の遊戯・続

「雑読雑感」の管理人・レグルスの読書メモ、映画のネタバレ感想など

ザ・フライ』☆☆☆
これも小学生くらいにテレビで観て以来。ストーリーとしては、当時の記憶以上のものはなかったなぁ。
4Kリマスターということだが、別に凝った映像、という訳でもなかったので、最大の効果を挙げていたのが、ディスプレイの文字の綺麗さ(^_^;) エンドロールもそうだが、黒バックにブルーグリーンというのは、やっぱりメチャ格好いい。
序盤の、オタクの科学者が、美人(?)記者を落とす、ってのが、オタク的願望的にも、ストーリー的にも無理があるんじゃないか。いや、映画的にはありがちだけど。
ジェリー・ゴールドブラムが目がギョロギョロしていてるのが、ハエっぽいから選ばれたのかな?
そんな恋愛映画的な前半から、『フランケンシュタイン対バラゴン』的なモンスター映画へとシフトする。
映画秘宝』的な楽しみ方としては、ラストの特殊メイク特撮。ハエとの融合で、変容していく特殊メイクは、子供ならずともキモい/怖い。ハエ男が出す消化液でヒロインの元カレ上司の手と足が溶かされるシーンは、ある意味、悪役が懲らしめられるシーンでもあるので、痛快でもある(^_^;)
そこからヒロインをポッドに連れ込もうとする時に最終形態へと身体の各部が脱皮(?)する特殊メイクが素晴らしい。中盤のヒヒが裏返ったところとか、『遊星からの物体X』にも通じる・・・と思ったら、同じ監督か(^_^;)
SF映画的にも、そのラストの、胎児の存在するヒロインと共に第3のポッドを通すと、人間に戻れるかもしれない、という唐突な超科学の出現がご都合主義かな。結局、上記の特殊メイク的な見せ場や、結局実質的に使われないので、気にならないのだが。
内容からしても、『恐怖のハエ男』って邦題にしたほうが良かったんじゃないかなぁ。

パーム・スプリングス

☆☆

評判が高かったから観たけど、全然だったなぁ……。面白くないから早送りしたのか、早送りしたか、面白くないのか……(@_@)
そもそも、ストーリーの根幹(主人公たちの原動力)が恋愛、ってのが私には合ってないのかもしれないけど。
設定としては、1日を繰り返すループもの。そこへ、本作のヒロインも加わり、2人で抜け出す方法を探る……ならありがち。本作では、男のほうはすでにあゆることは試した後で、もうそんなループを抜け出る事を諦めている。
結局、ヒロインの方は独力で量子物理学を勉強したりして、最終的には二人で抜け出す、というもの。
ループものとしては『ハッピー・デス・デイ』2部作と、『10分間2018』という金字塔があるので、よほどの大傑作か、好みの要素がストライクの作品ができない限り、評価は辛めになる。本作は苦手な恋愛もので、それを超えることは到底できませんでしたとさ、というオチ(^_^;)

ルーパー

☆☆★

どうしても『ジャンパー』とごっちゃになる(^_^;)
宇多丸師匠の映画評に大体は書かれている(語られている)ので、それ以外の個人的なことを。
タイムトラベルものなのに、サイコキネシスが序盤に出てくるのは、明らかにミスマッチでしょ? と思ったら、まさかの、ラストにはそれが主題になる(シフトする)。
顔が怖すぎる少年は、宇多丸師匠のいう『オーメン』よりも、『キャリー』を連想してけどなぁ。
終盤にキーとなる少年の母親は、どこかで主役級で出てたなぁ、と調べたら『ボーダーライン』だったか。

以下ネタバレ

ブルース・ウィリスということで、『12モンキーズ』とか『ラッキーナンバー7』を連想するような仕上がり。あとは『プリデスティネーション』とか。
途中で強引に30年経過させるところで、映画のトーンも強引に変える、というあたり、2部作と言ってもいいだろう。後半はウェットすぎて、どうも・・・。

トップガン 吹替 再

☆☆★

何回か感想書いてるけど、戦闘機シーン以外を早送りせずに観たのは小中学生以来、初めて(^^;) 安心の、森川智之版の吹き替えで見た。ただ、マイケル・アイアンサイドの声は、イメージと違ったなぁ。
改めて、要素が『2』と共通であることに驚く。困ったところでアイスマンを訪ねるところも、本作では上官を訪ねるし。最大の違いは、人が死ぬかどうかくらい。
又、それぞれの要素をしっかりバージョンアップしていることも確認できた。特に、バイクで滑走路を並走するシーンは、本作では単に横を走っているくらいだが、『2』では、ちゃんと競争しているようなカメラワークで見せているのだ。
ヒロインは、どれも魅力的に見えないのも改めて実感。メグ・ライアンもそうだが、男にしか見えないケリー・マクギリス(半分は『0083』のケリー・レズナーのせい(^_^;))なんて、マイケル・ジャクソンが女装しているようにしか見えなかった。
アイスマン目線で見ると、グースが死ぬ原因を作った、アイスマンが絶好の位置にいながらバルカンを撃たない理由がどう考えても説明不足。これが本作の最大の問題点かも。

怪獣蛇九魔の猛襲

☆

例によってYouTube東映傑作時代劇」シリーズなのだが、どこが傑作?(@_@)
のっけからタイトルの読み方がわからないのだが、「カイジュウジャクマ」と読む。
里見浩太朗が岩見重太郎を演じるのだが、どうもイメージが違う。岩見重太郎といえば、三船敏郎か、それ以上の豪傑、という感じなのに。
蛇九魔とは、江戸を騒がせる怪盗団なのだが、ライオン丸の敵みたいな感じ(´д`) おまけにボスたる蛇九魔は、東映版の『獣人雪男』のような、チャチなゴリラ(´д`) 動きも、動物っぽさは微塵もない。東映キングコングと大体一緒。
個人的には、長屋に住む、宝蔵院流の槍の達人を自称するへっぽこ男が、一回も敵を倒さないのだが、最後にラスボスを刺す、とかして欲しかった。続編も念頭においたラストなので、次回に活躍させる予定だったのかな?
女優人も、特に気になる人はなかったし、見る必要はなかったかな。
尺が60分なので、テンポよく展開するのが、唯一、良かった点(^_^;)

男はつらいよ おかえり寅さん

☆☆

<寅さん>シリーズは2、3作しか観ておらず、おまけにどうも好きになれない、というか、はっきり言って関東のヤクザってのが好きになれないので、嫌いな映画(^_^;)
シリーズ最終作、というかエクストラ的な作品で、一部では傑作という評価もあるので、見てみた。
結論、ダメだった。
演技は夏木マリ以外はヘタクソに見えたし(ただし、なぜか声そのものはエエ声なんだけどなぁ(^_^;))、セリフも素人か? というくらいベッタベタの人情ドラマ。
せめて、実質上の主役の吉岡の演技が良ければ良かったのだろうが、クライマックスの、泣いている演技なんて、ホラー映画で恐怖に戦いて泣いてるようにしか見えないんだもん(´д`)
感動シーンのはずの、シリーズのマドンナを回想する場面にしても、思い入れがない私(これは私が悪いんだろうけど)にとっては、女ったらしが「今まで何人の女を泣かせてきた/抱いてきた」と自慢しているようにしか見えなかったし。
タイトルから、てっきり、ラストはよろず屋ののれんを人影がくぐって、さくらたちが「お帰り、寅さん」というラストカットで終わるんだと思ったら、全然違ったし。そもそも、前作すら観てないので、寅さんがどっかへ行ったのか、死んだのかもわからんし。例によって、出て行ったきり、というだけなのだろうが。
そもそも、オープニングの時点で、桑田佳祐が寅さんのコスプレして寅さんのテーマを歌ってるので、「お前が歌うんかい!?」と一気に冷めたし。
映画の構成自体も、半分くらいが回想シーンで、まるでテレビの特集番組みたい。

萌えよ! 戦車学校


☆☆☆★

今さらだが、戦史上のエピソードを紹介するマンガで、わざわざレギュラーの萌えキャラが、実在した人物を演じるのが、めんどくさいよなぁ。ほとんどが男に扮するわけだし。なんのために絵で描いてる(マンガにしてる)んだよ?! とい言いたい。解説パートはいいけど、史実紹介マンガは、似顔絵キャラにしてほしい(´Д`)
朝鮮戦争は、人民解放軍人海戦術とか、督戦隊については触れてなかったなぁ。
中東戦争は、シリーズ姉妹編の『戦後戦車編』であったり、私的に読んだ中東戦争本のおさらい。
史上初めて爆発反応装甲を実戦で使用したのがイスラエルのマガフ系だったとは、知らなかったなぁ。
あとは、第五次中東戦争とも言うべきシリア侵攻で、メルカバT-72と戦って撃破した、というのがシリア/ソ連側からはプロパガンダとされていて、真偽が怪しい、とか。