思考の遊戯・続

「雑読雑感」の管理人・レグルスの読書メモ、映画のネタバレ感想など

文字渦

円城塔
☆☆☆★
新潮文庫

倉坂鬼一郎が『文字禍の館』というミステリーを書いているが、それとの共通性はあまりない。山田正紀とか、田中啓文とか、鯨統一郎とか、はたまた奥泉光が書きそうな、ナンセンス文字(広義の)ミステリーである。一番近いのが『実験小説 ぬ』(肝腎の一文字が思い出せん(^^;))だ。円城塔らしく衒学趣味も全開。
連作短編集で、共通するのが、日本語の文字をテーマにしている、ということ。ルビが漢字から反乱する話、闘犬ムシキングならぬ漢字バトルがあれば、秦の始皇帝兵馬俑を作った男の話という硬派なもの、漢字をウイルスとして捉えたもの、はたまた仏教の世界観での浄土や輪廻転生を並行世界へのワープとして捉えた東洋的SFなど、まさに多種多様。
ないものねだりかもしれないが、そもそも文字・漢字とは何か、という基礎知識を学べる序章があると、なお良かったかな。
ある種のバカミス、バカSFであることは間違いないが、大学教授とか、硬派なオタクが居酒屋で果てしなく脱線していくようなタイプのバカ話である。
なによりも、一見作者オリジナルの文字のようだが、そのほとんどか、下手すると全ての文字が実在するらしく、これは校閲に定評のある新潮社でしか出せなかった本なのかも(^^;)

半分世界


石川宗生
☆☆★
創元SF文庫

本格SFとは言えない、幻想文学に近い。解説にあるように『火星夜想曲』や、SFあるいは哲学味を抜いた円城塔みたいな感じ。下手すると不条理もの。

『吉田同名』☆☆☆★
あるとき、突然吉田なにがしが千人以上に増えた。普通なら、一人称視点で描くネタだが、本作ではレポートという形で描く。その結果は、日本に難民問題が押し寄せたらどうなるか、をシミュレートしたSFと言える。ネタバレだが、クライマックスで、主人公どうしが交わる(^^;)あたり、なかなかSFチックで面白い。

『半分世界』☆☆★
ある日突然、藤原家の家屋が半分に切れた。半分が消失した、と言ったほうが妥当だろう。ところが、外から断面、つまり家の内部が丸見えで、風雨も入り込むのに、中の人はまったく以前と変わらぬ生活を続けているのだ。野次馬は集まるのだが、マスゴミが退去して集まったり、家人にインタビューしたりもしない。はっきり言って「んな訳あるか!?」というリアリティゼロの展開。こういうのは、前提となる嘘の他に、さらなる嘘を重ねると、途端に冷める。要するに、自分の生活が他人から丸見えになったら? という、インターネットカメラが自分の家の中に何個もあったら? という感じの設定を強引に作り出したもの。

『白黒ダービー小史』☆★
今度は、架空の街の、街全体を使ったサッカーに似た架空のゲームに明け暮れる、内戦シミュレーション。『ロミオとジュリエット』そのまま。

『バス停夜想曲、あるいはロッタリー999』☆☆★
その田舎の十字路には、999の路線バスが通っていた。だが、何日という単位で、いつ何が来るのか、本当に来るのかも定かではない。日本というより、アメリカの田舎の長距離バス、というイメージ。これまたリアリティゼロに近く、星新一の短編みたい。

彼らは生きていた

☆☆☆★

映画館に行くつもりだったけど、武漢ウィルス騒ぎで行けなかった作品。
第一次大戦のフィルムをカラー化した、と聞いていたのに、白黒やん?! と思っていたら、10分かそこらして、開戦、となるとカラーになった。
古いフィルムにある、コマ落としでチョコチョコ動くのもないなぁ、と思ったが、どこかで見聞したが、間のコマをデジタル補正して埋めているらしい。カラー化もあって、まさに今の映像/出来事、という臨場感がある。
やっていることはケーブルテレビのナショナル・ジオグラフィックチャンネルのカラーで蘇る第一次大戦と大差ない。違うのは、全編、切れ間なく実際に従軍した人のインタビューが流れていること。そして、ドキュメンタリーなら当然ある彼ら自身の映像が一切ないこと。特にインタビュー音声がぎゅうぎゅうに詰まっている構成はドキュメンタリーとしても異常と言っていい(良し悪しではなく)。
内容そのものは、戦争の非日常と、いわゆる非日常の中の日常。2日勤務に4日休みとか、戦争になったら休みなし、という我々が抱きがちな先入観からすると意外。塹壕が水浸しになる、凍傷などなど。
最後は戦後、復員したら仕事もなく、肩身が狭い、というオチで終わる。でもこれ、戦争不況とか、階級社会などの要素を加味したないと、本人たちの証言だけで、短絡的に戦争が悪いから、とは断定できないよなぁ。
ちなみに、海外ニュースのスタンダードとして、死体の映像もあるが、そこまでグロくはない。青白い顔はショッキングではあるが。それよりも、死体に群がる大量のネズミを駆除した写真のほうがある意味エグかった(^^;)

クリード炎の約束

☆☆★

前作が私にとって「向いてない」作品だったので、当然(?)本作もそんな感じ。
ルックはいいとして、ボクシング映画としての本格度も、ボクシング好きではないので、別に……という感じだし(´Д`)
ストーリーも、こういう作品だから、完全に想定通りのプロット。
ディテールを楽しむタイプの作品なんだろうが、9割早送りで見ちゃいました(^^;)(開始10分でやめなかっただけまし?)

『ソウ』
☆☆☆★

大どんでん返し映画として度々挙げられる作品なので、期待してみたが、言うほどじゃなかった。
www.youtube.com
こちら「すぐわかるお」で徹底的にツッコミを入れているのでそちらを参照して欲しいが、要するに脚本のアラが多いのだ。
DVDに2分ついているメイキングで監督(若い!)が言っているが、18日で撮影したという低予算映画。つまりはフォックスチャンネルでやっているようなアメリカのテレビ映画並みのC級並びにZ級に類する作品だろう。それが、カルト的な人気になったばかりに次々に続編が作らられるハメ(?)になっているだけに感じる。
ただ、それらの周辺情報を抜きにした感想として、何故、『キューブ』のように1部屋に限定した作品にしなかったのか? という疑問は大いに思った。
最初はてっきり主人公が監禁された部屋だけで終止するのかと思ったら、連続監禁殺人犯ジグソウを追う(無能な)刑事たちや、監禁された二人の回想シーンが何度も入る。
本作におけるツッコミポイントは、要するに部屋の外のシーンが入ることによって発生しているものがほとんどなのだ。
制作過程を考えると、作品世界内の生合成まで考えず、視聴者目線でのツイストだけしか考えていないで、その場で思いついた小さなどんでん返しだけを盛り込んで行ったから、破綻だらけの映画になったのだろう。

以下、ネタバレ

初めて観た時からすぐに突っ込んだポイントは、「そこじゃ何が起こっているか全然よく見えないやろ!?」ということだろう(^_^;)

ある日突然オタクの夫が亡くなったら?

こささささこ
☆☆☆★
角川書店

タイトル通り、近親者が亡くなった時、どうすればいいかを、エッセイマンガとライター(弁護士でも司法書士でもないらしい)が、具体的に書いたもの。
その割に(?)亡くなった夫の名前も社会的地位もわからない……。単なるオタクな男かと思っていたら、最後になってようやく、オタク学(サブカル学?)を大学で教授として教えている人らしい。調べたら名前も分かるのもしれないが。
ともかく、全人類、知っておいて損のない内容である。自分より先に家族親類が死なない人はいるかも知れないが、当人が死なない人はいないのだから。

特に重要なところ。
「相続関連でおさえておかなければならない期限は、主に次の2つです。
相続放棄……3ヶ月以内
相続税の申告……10ヶ月以内
相続放棄をすべき人が放っておくとマイナスの遺産を相続することになりますし、相続税の申告が遅れると延滞税がかかります。

ジョン・ウィック補足

ジョン・ウィックは、特にクライマックスの戦いで、疲れのせいか、敵にバンバンガラスに叩きつけられる。ガラスを割るところを見せたいだけなのは見え見えたが(^^;)、なんべん投げられても平気なタフネスっぷりは、60年代の香港映画みたいな大雑把さだ。