思考の遊戯・続

「雑読雑感」の管理人・レグルスの読書メモ、映画のネタバレ感想など

グエムル 漢江の怪物』☆☆☆★

韓国の怪獣映画だと聞いて(思って)いたのだが、完全にモンスター映画だった。
個人的に、みなもと太郎のマンガ『風雲児たち』内のギャグ「たいくつ(鯛が靴を履いている絵)」を連想した怪物。クトゥルフも入っているかな。ちょっと前ながら、水中&水辺なので体表が濡れていることもあり、CGっぽさはあまり気にならない。少なくとも、魚ベースの怪物は世界的に珍しいので、特撮ファンは一見の価値あり(ピラニアはまんまだし、タコ、イカはよくあるのだが)。
細部を突っ込むことも可能だが、まあ置いておこう。
本作で面白いのは、主人公が知恵遅れが精神疾患(よく言えばどこか「抜けている」)ということ。なんで特撮というジャンルムービーで、こんな微妙な設定にするかなぁ……。
脚本的には、登場人物が多すぎ。はっきりいってアーチェリー選手を主人公の妹ではなく、こちらを主人公に、その娘が拐われる、ということでいいじゃないか。男の子も不用。というか、そもそも怪物が子供だけ巣に生かしておく理由がないのが致命的問題。熊とかならともかく、魚にそんな性質はないでしょ?百歩譲って怪物になったからついた性質だとしても、他の大人がすぐ食べられているのだ。

グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション [DVD]グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディション [DVD]

ハピネット・ピクチャーズ 2012-03-10


『乗らずに死ねるか!』黒田一樹
☆☆☆★
創元社
意外と文字密度が高く、読むのに時間がかかった。経営コンサルタントということで、全国を飛び回って乗った各地の名車を紹介。よくある鉄道ジャーナリストが書く本と、少し外したピックアップが面白い。例えば関西では、山陽や神鉄まで取り上げられているのに、JRと阪神がスルーされていたり。
ジャンル的にも、乗りテツは言うまでもなく、台車、音、線路など、幅広い。
なお、カバーの端が、改札切符よろしく凸型に切り取られているのが楽しいが、どうせなら、本分ページ、それが無理でも凸型に塗りつぶすとかしても良かったのでは?
「性能面では理想的なオールMでは、製造費用も、保守の手間もかかる。変電所容量も間に合わない」
今まで何冊も鉄道本を読んできたが、変電所について触れたものはなかった。本書のオールラウンドぶりが現れているところ。
「47都道府県のうち唯一、私鉄を含めて電化区間が存在しない徳島県
これまた「へ~」というトリビア

乗らずに死ねるか! :列車を味わいつくす裏マニュアル乗らずに死ねるか! :列車を味わいつくす裏マニュアル
黒田 一樹

創元社 2014-06-20

奥田浩美『会社を辞めないという選択 会社員として戦略的に生きていく』を読む

印象に残ったところ

「会社(略)ビジョンとは、自分たちがどういう世界をつくっていきたいか、そのためには何が必要なのかを示すもの」

「配属された部署によっては、何のためにやるのかがわからない単純作業や、みんながやりたがらない手間のかかる仕事を引き受けなければならないこともあるでしょう。 たとえそうだとしても、どんな仕事も会社の事業にとって、あるいは社会の誰かにとって、必ず何かの役に立っているはずです。 「自分の仕事は、あの人たちの役に立っている。もっと役に立つようにするには、この仕事のこういう点を極めていこう」。そんなふうに、目の前の仕事に社会的意味を見つけていくのです。」

『くらべる日本 東西南北』文:おかべたかし/写真:山出高士
☆☆☆
東京書籍

ダブルたかし(勝手に命名)による、フォトエッセイに近いご当地ネタバラエティ。
いちいち取材元の情報を載せているあたりが情報誌っぽい。
「電車のつり革の形には、関西には丸(円形)が多く、関東には三角が多い」
「路面に書かれている「止まれ」という文字は、地域によって微妙な違いがある。」
また、タクシーの色にも地域さ(というよりローカルタクシー会社のカラーの差のような気もするが……)がある、というのも面白い。

くらべる日本 東西南北くらべる日本 東西南北
山出 高士 おかべ たかし

東京書籍 2018-08-01

『なぜ正直者は得をするのか 「損」と「得」のジレンマ』藤井聡
☆☆☆★
幻冬舎新書

言いたいことは分かるのだが、商売の心得や、道徳・公共心の大切さだけを書いた本ではなく、非科学的な学問分野である(別にけなしているわけではなく、理系ではなく文系、というレベルの)社会科学として書かれている為の「本当にそうか?」という論理の飛躍またはけんきょうふかい的なところが気になる。

純粋に科学的に納得できたのが、「共有地の悲劇」の現代日本の実例としてのタクシー規制緩和
逆に、透明性、暴露原理については、科学的には到底納得できない(道徳的、商道徳的にはよく分かるのだが)。西武開拓時代のエピソードも、具体的な実例がひとつもないので、これでは懐疑派(利己主義者?)を納得させることはできないだろう。

なぜ正直者は得をするのか―「損」と「得」のジレンマ (幻冬舎新書)なぜ正直者は得をするのか―「損」と「得」のジレンマ (幻冬舎新書)
藤井 聡

幻冬舎 2009-07-01

『星系出雲の兵站(1)』
☆☆☆☆★

「このスパイ衛星のコンポーネントに、我々が活用しているようなものはほとんどありません。ネジさえこの衛星には見当たらない。
にもかかわらず、我々は、つまり人類は、その機能や原理を解析できる。言い換えれば、見慣れない機構はあっても、未知の機構はない。」
これこれ、これこそハードSF的ファーストコンタクトものの醍醐味にして真骨頂!

「平時から戦時への宣言を誰がどう行うのか?(略)それについての明確な規定がない。
先人たちは規定を厳格化しすぎて、有事に即応できないことを避けるために、あえて規定を曖昧にし、緊急避難的に対応する余地を残したのである。」
わが国の有事法制の不備への指摘とともに、またそれを逆手にとる方法を示唆。

減価償却やら消耗品費の数字をドガチャカァ、ドガチャカァやれば」
なんと上方落語『』のネタ(^_^;)

「レーザーレーダーで観測すれば(略)砲戦距離一万2000キロという、通常の軍艦では不可能な遠距離からのレーザー砲撃を行った。」
先輩たる谷甲州『砲戦距離一万2000』へのオマージュか。

「死体が爆弾の可能性もあり、また微生物やウイルスの感染についても安全が確認できない以上、人間が接触するわけにはいかない」
映画などに限らず、多くのハードSFとされる小説でも見過ごされてきた問題だ。

星系出雲の兵站 1 (ハヤカワ文庫JA)星系出雲の兵站 1 (ハヤカワ文庫JA)
林 譲治 Rey.Hori

早川書房 2018-08-21

この世界の片隅に』☆☆☆★

再見したのだが、名作だと感じた、劇場での初見時にはプラス評価だった点が、ことごとくノイズ要因に感じられたのが興味深かった。
のんの声優演技、広島弁のイントネーションの違和感、作者独特の首を斜め下に傾げる動作の(悪い意味での)滑稽さ。幻想・抽象的演出など、その全てが没入をこばむのだ。
初見では強烈だった原爆投下シーンも、キノコ雲の高さなどがほとんど感じられなかったのは、スクリーン効果なのか。
だが、それであっても、敗戦時の慟哭シーンには泣かされたの。それが、本作のポテンシャルの高さの証明か。
のんの声優っぷりが素朴な演技か、稚拙な声優表現力かどうか……。前者に感じたのは、劇場の雰囲気に呑まれていたせいかもしれない。テレビで見ると、純粋にアニメの演技に合っているかだけが抽出されるのかな?
本作の広島弁も、関西弁のイントネーションとは異なるのが、劇場では広島や呉ならではの方言かと思ったのだが(実際に『東京物語』のイントネーションとそっくり)、これまたなんちゃって関西弁、または声の演技が下手なだけにしか思えなかった。
逆に、艦船や飛行機の実在感は全く衰えていなかった、それが故に様々なバリエーションの空襲シーン(の恐ろしさ)が際立った。爆撃機から見た爆弾炸裂の時間差や、戦闘機機銃の着弾、落下する機体の破片など、普通の戦争映画(アクション映画でも、戦争の悲惨さを訴える映画でも同様に)見過ごされてきたディテール。そしてそこにいる人々には紛れもなく遭遇する現実(危険)だ。

この世界の片隅に [Blu-ray]この世界の片隅に [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2017-09-15

『スタート!』中山七里
☆☆☆☆
光文社

プロの映画製作の経過を追い、様々なトラブルがある、というのは『クランクイン』と全く同じ。『探偵映画』みたいな要素もあるが、まんま『クランクイン』である。
大きな違いは、映画原作が読者によく分かること。このての、ある種の作中作ものは、作中作が大ヒットしている、というのをどう納得させるかが課題になるのだが、本作はなんと作者自身の『連続殺人鬼カエル男』をそのまま持ってきているのだ。タイトルが変えられているし、作中で直接的な言及こそないが、読んだ人には明らかな展開や台詞がある。
製作委員会の具体的な問題点(何故か現場サイドの利点はないのだ( ´△`))もよくわかる。
ちなみに、だからこそなのか、原作者は一切登場しないのが不思議。
さすがは『カエル男』で巧みなプロットを築き上げた作者らしく、大きく2回のどんでん返しが仕掛けられているのが満腹。
作者の唯一の欠点は、タイトルのネーミングセンスがダサダサなことだなぁ……。

「(略)何だよ、この台詞!(略)これは丸々二時間ドラマで茶の間のどんな馬鹿にでも分かるように誇張された台詞だ。」
というこの脚本家の台詞じたいが説明的すぎるのだが( ´△`)

「白いスクリーンを今でも銀幕と呼ぶのは、以前のスクリーンのゲインが恐ろしく低く、輝度を稼ぐために銀を塗布していた事実に基づく。」

スタート! (光文社文庫)スタート! (光文社文庫)
中山 七里

光文社 2015-02-10