思考の遊戯・続

「雑読雑感」の管理人・レグルスの読書メモ、映画のネタバレ感想など

パラレル・フィクション


西澤保彦
☆☆☆
祥伝社

作者久々のSFミステリ? と思って(最近あまり図書館に西澤保彦の新刊がない印象なので)期待したのだが、ちょっと、いや、だいぶ弱い。
本作におけるSF的なテーマというか、設定は予知。未来の出来事を、夢を見ているのと同時間体験できる。夢といったら、時間経過が全く異なり、実際に夢を見ている時間の方が断然短いのは常識といっていいだろう。一挙手一投足・一言一句覚えていることもあり得ないので、これは未来を体験できると言い換えてもいいだろう。SF的な設定として。
未来の殺人事件を防ぐ為に奮闘する、というならありがちだが、本作ではそうならない。
ます、始まったら、事件の概要を2人で延々とおさらいする。映画にら例えると、いきなり回想シーンになるので、物語が進んでいる感じがしない為、本を読むドライブ感がない。そのため、読むのがしんどいのだ。おまけに、最初から「事件は起きなかった」と書いているんだからなおさら。要するにこれ、短編が中編のネタなのだ。
嵐の山荘での一族の遺産相続殺人ものということで、長編としての体裁を整えていて、実際には動機の面では多少の意義はある。また、トリックとしても、これを成立させるには、長編である必要はあるのは分かるが、二度あることは三度ある、というどんでん返し系作品のレッドヘリングの常道から、それが誰かはともかく、誰かしら予知能力者がいるであろうことは予想の範囲内。
女装家がいたり、殺人の動機については西澤保彦らしいが、とってつけた感じは否めない。
予知夢の設定はいらないから、事件前後のボリュームを倍にして、普通の館ものミステリーに仕上げたほうが良かったと思う。『女装家殺人事件』とか銘打って。
ちなみに、本作では、設定説明、不穏な空気、殺人、推理、解決、エピローグという構成をシャッフルしている、というところが特徴。殺人は起こっており、設定説明、殺人、推理を3回繰り返した後に解決となるのだ。それが面白い作品に結実しているかどうかは別問題だが。

『シン・ウルトラマン』☆☆☆★

<ネタバレ注意>

そもそも『初マン』はオタク的教養知識だけで観た事はなく、『シン・ゴジラ』を上回ることはないだろうというスタンスだったので、期待していた以上ではあったが、手放しで絶賛できない感じ。
シン・ゴジラ』はクライマックスで流れた『宇宙大戦争』のテーマでドン引きしたのでそれまで100点だったのが70点くらいになったが、本作では時折入るiPhoneの映像や、巨大化長澤まさみとかでサクサク削られて70点、という感じか。
シン・ゴジラ』では80点スタートから加点方式で盛り上がったのだが、本作はプレーンな50点から「思ったより良い点」と「あかんなぁ(´д`)」という点が、折れ線グラフにするなら右肩上がりとか下がりではなく、ジグザグだったので、終始モヤモヤしていた。
まず、ウルトラマンのプロポーション、ヒョロヒョロ過ぎない? まるで上下に30%くらい引き伸ばしたよう。赤いラインも直立時は良いが、腕・膝を曲げた時に関節とずれて曲がるのでめっちゃ気持ち悪い。顔ものっぺりしていて、耳が四角いのもアタリ(造形するための目印)のよう。要するにグレイ(いわゆる「囚われた宇宙人」)みたいな、外星人としての異形感を強調したのかもしれないが。怪獣が歩くとドンドン音がするのに、ウルトラマンの方は音はするが、煙とかは出ない。これは、重力に囚われないという演出、差別化なのだろう。
公安関係の描写は、麻生幾の小説みたいで良かった部分。外事警察を「ソトゴト」と呼ぶのに何の説明もないとかもグッド。極秘事項を「ウルトラ」と呼ぶところからウルトラマンと名付けた、というのも納得。
怪獣が尺は短いが、意外とたくさん出てきたのは良かった。一番のサプライズは『シン・ゴジラ』準拠のゴメス。
本作でドン引きしたのが、長澤まさみの巨大化。もちろん、原作でもアンヌ・・・じゃなかった(ついモロボシダンとか、『セブン』とごっちゃになる。どっちも観てないから)フジ隊員が巨大化するのは知っていたので、それをやってるのは分かるが、どう見てもただ合成しただけやん。構図も樋口真嗣がやってるとは思えない平板さ。どう考えても、『ガメラ1』的に下から見上げるアングルでしょう?! 原作の構図そのまま、と知って理解はできたが、だからと言って納得はできない。現代の技術で同じ構図なのにリアル! とするのがアップデート(完コピする意義)でしょう?!
外星人周りは特撮ファンでなくても楽しめる部分。予算もかからないし、一石二鳥。
あまり言及する人がいない(観てない/知らないから?)けど、樋口監督が撮った『MM9』と近い印象。これに限らず、低予算感は通じるものがある。考えたら、ほとんど密室劇と言って良いくらい室内シーンが多いし。
ゼットンには誰もが驚いただろうが、あまり人が触れてないところを。造形がまんま『エヴァ』の使徒なのは置いといて、地上から軌道上の超巨大物体を見上げるのは『トップをねらえ!』のエルトリウムでできなかったことを見事に表現している。
ラストバトルは、金のない中で、ロングショットだけでギリギリお茶を濁した感じ。ここで『エヴァQ』の冒頭みたいな派手なアクションがあれば盛り上がったろうになぁ。中盤の戦い(特にザラム星人とか)を減らしても、ここに全力を投入すべきだったのでは?
倒した後は、特撮の吊りのように見える飛翔モデルと、『トップをねらえ!』のブラックホール爆弾炸裂を思わせるあたりが面白いが、ここもやっぱり、素直に盛り上がれないんだよなぁ。常に元ネタを探したり、あざとさ、製作事情を伺わせる。
そう、全編に渡って素直に楽しめない、没入できないのは、ほとんどのシーンやカットに「庵野や樋口はどう考えてこのカットにしたのか?」と邪推せずにおれないのだ。オタクの宿痾なのかも(^_^;)
逆に考えると、そういう余計なことを考えない人の方が本作を素直に楽しめるのかも。

2022年 日本

『燃ゆる女の肖像』☆★

カンヌ脚本賞とか、宇多丸師匠も激奨してたので期待したのだが、さっぱり面白くなかった(´д`)
夜の部屋の中でも外でも、全くリアリティのない照明を敢えて当てることで、まさに絵画のような画面を生成している。人間はほぼ全身に渡ってピントが合い、背景は良い感じにピンボケしていたりする。昼間の室内でも、外の景色はうっすら花が見えるくらい色調があるのに、室内も影が黒いこともなく、合成して作っているのかもしれないが、まさに絵画で描くとこうするだろう、という画面なのだ。
画面の話しか書いてないが、撮影賞の間違いじゃないの? というくらいストーリーには全くノレなかった。展開もトロいし、ただの/ありがちな(同性)恋愛映画にしか思えなかった。
ちなみに、公開当時に宇多丸師匠の評とか聞くと、もっと赤を前面に押し出した画面設計の、激しい人間ドラマかと想像していたのに、正反対ともいえる内容。
ヨーロッパ映画または恋愛映画とかが好きな人には刺さるんだろうなぁ・・・。私にとっては『アルビノ』とかの方がまだわかりやすくて観られる。

『ドライヴ』☆☆★

評価が高いようだが、全然面白くなかった。
ケーブルテレビの番組紹介欄には「世界一寡黙な主人公」とのことだったので、一言二言くらいしか喋らないのかと思っていたが、かなり喋ってたやん!?(´д`) そりゃ、普通の映画の主人公と比べりゃ、喋らないけど。
逆にそのせいで、ろくに喋らないのにアパートの隣人と良い仲になる、という『ジョーカー』のアーサーが知ったら激怒するような展開だ。
昼間はカー・スタントマン、夜は犯罪組織の逃し屋という『ベイビー・ドライバー』のような設定(『ベイビー・ドライバー』がパクったのかな? もちろん、本作自体にも元ネタ『ザ・ドライバー』という映画があるらしいのだが)。『ブルータル・ジャスティス』とか『ベイビー・ドライバー』とは違って、ホントのプロは派手なカーアクションとかせず、パトカーに見つかりそうになったら、隠れる、というあたりの演出(展開)には、さすがと思わされたけど。
裏世界の一員ということだけしか理由が見当たらないが、何故かドライバーなのに殺しの手口(とその反対の防衛手段)にも精通している、というのが都合良すぎる気がする。
隣人の子持ち若妻役のキャリー・マリガンは可愛いかったけど(女子高生役もできそう)、それくらいか。
途中までは「どこがPG12?」と思っていたくらい地味な映画だったのに、中盤のマフィア絡みのゴタゴタに巻き込まれてからは、ショットガンで頭が吹っ飛んだり、ナイフでさらっと腕の筋を切ったり、目にフォークを刺したりと、いきなり派手になる。

2011年 アメリ

スター・シェイカー

人間六度
☆☆☆☆
早川書房

まず、入間なんとか、というペンネームの作家もいるので、それのパロディなのかもしれないが、ふざけたペンネームに、読む気が萎える(´Д`) 本名なら仕方ないが、ペンネームも、読者への姿勢表明なのだから、もっとまじめにつけるべきでは?

ま、それは置いとくとして、内容である。一言で言えば「近未来日本を舞台にしたテレポートもの」。皆がテレポートするようになったので、交通機関も道路もなくなった、というあたりが面白い。高速道路だけが廃墟的に残っているとか、『シャングリ・ラ』とか、押井守的なセンスかも。
物語は、少女を拾う、というベタベタなところから始まるボーイ・ミーツ・ガールのロードムービー。そこへ追手が迫るので、超能力バトルとなる。
超能力はテレポートだけなのだが、さまざまな使い方や、自覚によって進化するあたりは『ジョジョ』の歴代主人公やラスボスのスタンドの描写そのもの。
以下、連想した作品を列挙するかま、順不同にはするが、オチまで含むのでご注意を(^^;)

テレポートが当たり前の世界で、それができなくなるとどうなるか、という展開は『ハイペリオンの没落』。
超能力バトルは、先に挙げた他には『超人ロック』『アキラ』『ガンツ』。
筒に入った超能力者という設定は『Vガンダム』。
男を迎えに女が宇宙を漂うのは『ガンダムF 91』。
世界を掬う為にこの世から消えるのは『まどかマギカ』。
帰ってくるのを世界中が迎えるのは『トップをねらえ2!』。

ハードSFとして考えると、避けて通れない、瞬間移動時の、元いた空間と、出現先の空間の物質はどうなるか問題。本作では光速で一点に収縮し、出現先では逆に一点から光速で拡大する。周囲にあった空気は一気にそこへ流れ込み、出現先に人体があれば、爆弾のような作用をもたらす。
衣服を着たままテレポートできる理由として、どこまでが自分であるかという認識の問題だとする。
私は、この設定が序盤で語られた時、タイトルからして、クライマックスは『妖星ゴラス』をテレポートでやるのかと予想したのだが、そうではなかった。ある意味、それよりもスケールは確実に大きい展開となったのだ。
ハードSF的な理屈として納得できないが、作中のSFとしての理屈としては、あまりフィクションでは取り入れた作品を知らない、膜宇宙論を取り入れたのが面白いところ。

踊り子行状記


☆☆☆★

市川雷蔵勝新太郎、ヒロインに山本富士子というスター映画(?)。
タイトルから内容が全くわからないのが厄介なのだが、『踊り子〇〇記』とかいうシリーズ(にする予定)だったのかな?
はずみで役人を殺してしまった勝新太郎。彼には母がいる、ということで、雷蔵が身代わりとして、自分が殺したことにして、懇意の商家の2階に匿われる(世に隠れ住む)ことになる。彼を慕う山本富士子演じる踊り子は、密かに彼の元に通う。富士子のライバルである踊り子は、彼女の不自然な行動から、雷蔵に捕手の手が伸びようとする。
一方、勝新のほうと、自分の殺人を親友に押し付けた結果になった自責の念に駆られ、自首するが、取り合ってもらえない。
最終的には、二人で路上で大立ち回りを演じることになる。おおかたそんなこったろうと思ったとおりだが、そんなら、隠れずに最初から大暴れしとけば良かったのに(^^;)
おまけに、10人近く殺しておいて、雷蔵は富士子とともに江戸払いだけ、しかもしばらくの間だけ。まあ、公議ではなくて藩内の臣下に対する殿様の沙汰だから、適当なものかもしれないけど。
ストーリーも撮影も脚本も特にこれといった見るべきものはないが、観る価値はないかと言うと、そうとも言えない。
私的には、山本富士子というアイドル(当時ならスター)映画だと思っているので、彼女が綺麗に撮れてるから、それで充分といえるかもしれない。ことに市川雷蔵と並んでいると、ほんとに美男美女(現在は子供にだけ使う形容詞だが)を指して「お人形さんみたい」というのが、まさしく妥当だと思える。『怪談』の黒木瞳とかは文楽人形だったが、本作の山本富士子市川雷蔵雛人形のよう。

Q ED 神鹿の棺


高田崇史
☆☆☆☆
講談社ノベルス

鹿島神宮をメインにしつつ、その周辺にある神社から、封印された歴史を暴き出す。
巷ではパワースポットと呼ばれている神社のトライアングルの中心には、湖しかない。
普通に考えれば、その湖にこそ何かあると考えるのが当然だが、そこは解決編まで探偵以外には誰も思い至らない、というのは無理があるんじゃないかなぁ……。特に今回は特に二十年という、シリーズ開始以来の回顧をすることが作中で何度も出てくるので、過去のパターンから、奈々がそれを連想しないのは、いかにも不自然だ。
武は槌命(たけはづちのみこと)の正体については、なるほど納得はさせられた。