思考の遊戯・続

「雑読雑感」の管理人・レグルスの読書メモ、映画のネタバレ感想など

『ファーゴ』

☆☆☆★

人名か法律事務所(そりゃファームだが)のことかと思ったら、アメリカのとある田舎の地名だそうだ。
何よりも映像センスが良い。冒頭の、水色の背景かと思ったら空だったり、オーバーラップを駆使してシーンを移す技術は一見の価値あり。
最初に「実話を元にした……」とあるから、よほど奇妙か、信じがたいサイコな事件かと思ったのだが、予想とはちょっと違った。
ある意味、アメリカらしい事件という感じがした。普通に、冬の田舎道で事件発生の報告、一台の事故車と、一台のパトカーと警官の死体……という導入から捜査する警察ものなら、捜査が進むに連れて、脱力系の「ウソぉ?」という事実が明らかになる、かなり違った味わいの映画になっただろう。

以下、ネタバレ

本作は、最初にとある金儲けの計画を企む男から始まる倒叙ものとも言えるが、それにしては警察(妊婦警官なんて特殊な設定が生かされていないのは、事実たったから?)が犯人の手掛かりを得たり、追い詰めるプロセスが全く面白くない(論理的ではない)。やはり、間抜けな犯罪者たちが企み、それ故に最悪の展開となった事件の端末を描いた再現ドラマ/犯罪映画と見るべき。
この事件か映画化されるまでになった要因は、極悪でもサイコでもない小悪党たちが、そのバカさ故にアクシデントに対し、狂言誘拐、発砲(殺人)、死体隠蔽という形で対処したことによる。唯一、極悪な登場人物と言えば、無口ながらすぐキレるロシア系大男くらいか。

『論理仕掛けの奇談』

有栖川有栖
☆☆☆☆

正直、有栖川氏のミステリは私には合わないのだが、本書、ミステリ解説(エッセイ)集はメチャクチャ面白かった。
対象はミステリばかりなのに、表現がほとんど重複していないのもさすがプロ。
何より、どの作品も読んでみたいと思わせられた。これは解説を立ち読みするタイプの人には文句なしの内容である。
中でも古野まほろやエラリー・クィーンは再挑戦してみようかと思った。
安楽椅子探偵』の裏話が知れたのも嬉しいが、そもそも不定期だったので次回作に期待していたのに、完全終了したとの悲しい知らせと(T_T)

『凡人のための仕事プレイ事始め』

中川淳一郎
☆☆★
文藝春秋

掴み所のない本だ。
著者は大手企業の営業か企画らしきところで、上司や顧客に振り回される会社勤めに嫌気がさして退職、フリーライターとして著書も何冊かある、という人物。調べていないが、もしかしたらネット記事か著書を読んだことがあるかも。
内容は、ざっくり「大会社のサラリーマンはつらいよ」編と、「フリーライターの人間模様」編に分かれる。
どちらも、そこから「働くとはどういうことか」を感じるわけだが、これがエッセイマンガとかならともかく、ビジネス書(狭義分類ならビジネス自己啓発本か)となると、論旨の散乱っぷりが気になって仕方がない(いちおう書かれているが、納得できない)。
敢えて見つけるなら、「大会社では、他人を怒らせない為に自分が振り回される」「フリーでは、相手に信頼される事が第一。信用されないのは全て自己責任」ということだろうか。

『ミスト』

スティーヴン・キング著/矢野浩三郎ほか訳
☆☆☆★
文春文庫

解説の、キング入門に最適、というのを信じて読んでみた。なにせバカ長い小説ばかりなので、短編集はとっつきやすい。
概観として、細部/ディテールの描写や、比喩表現のうまさはよく分かった。宮部みゆきのような登場人物全てに心理描写を入れるのでなく、主人公以外はあくまでもセリフを含めた外面描写に徹していながら、キング世界に引き込むセンスだ。

『ほら、虎がいる』☆☆
少し、不思議系のホラー。授業中に一人でトイレに行く、という設定がユニークだが、夜の学校の変奏曲でしかない、とも言えるのでは? 虎、というのも

ジョウント』☆☆☆☆
ベスターの『虎よ!虎よ!』で瞬間移動のネーミングとして造語されたジョウント。本作は、瞬間移動が実用化された未来、父親が息子に、その発明時のエピソードを語る、時系列を交互に出すことでエンタメ性を出すあたりが小賢しいことろ(^^;) 普通に開発経緯を描くだけで、SFファンは充分楽しめるが、それだと非SFファンは楽しめないとでも思ったのか……。それはともかく、瞬間移動の条件というか、払う犠牲、というのが面白い。アシモフあたりが書いていてもおかしくない秀作。

『ノーナ』☆☆☆★
絶世の美女に魅入られ、道を踏み外して行く、というのは純文学に限らず、むしろラノベでこそ履いて捨てるほどある設定。その過程にこそ作家性が出るのだが……。本作では、それほどの美女なのに、なぜ他の人がわんさか寄ってこないのか? が問題ではあるが、過去にトラウマのある主人公にだけそう見えた、という可能性を残してあるところがうまい。
唯一、気になったのが、「後の裁判で……」という箇所。まるで刑務所内で手記を書いている体に見えるが、ラストでは、主人公は死ぬようにしか読めないのだ。逆に、ここまで主人公が追い込まれて、逮捕されて裁判にかけられて……というのでは興ざめ。

カインの末裔』☆☆
アメリカではよくある、銃乱射事件を、犯罪者視点で描いたもの。ただこれ、現在進行形というか、ある意味客観的に書かれているので、肝心の人間が描かれていない為に動機が分からないのが欲求不満。

『霧』☆☆☆★
この中編を元に映画『ミスト』が作られた。どちらに合わせるにせよ、なぜ、書籍タイトルと題名を揃えなかったのかという出版社の意向には首を傾げるが……。
基本的な内容は(当たり前といえば当たり前だが)映画と同じ。印象としては、こちらの主人公は独善的で共感できなかった。
全く違うのは、映画では大いに物議を醸したラスト。この原作では、文字通り、五里霧中というか、先がみえなことを主旨にした幕引き。

『グレートウォール』

☆☆☆

つい『レッドクリフ』と混同してしまっていた。序盤で万里の長城が映る時点でその勘違いは解消されるのだが、ちょっと様子が変だ。
なんとモンスターが出てくるじゃないか?!
確か予告では出てこなかった気がするので、怪獣映画であることは宣伝上、伏せられていたのか。
チャン・イーモウアメリカ人がダブル主演のモンスター映画を撮るなんて、いわゆる南京大虐殺の映画や北京五輪こ開会式など以来、中共プロパガンダにどっぷり浸かってしまったか……(´Д`)
イーモウらしさと言えば、カラフルに甲冑が色分けされた軍団のビジュアルくらい。あとはツイ・ハークだと言われても全く違和感のない内容だ。要する、よく言えば痛快、悪く言えば中身のない、単なる娯楽作。
その唯一のイーモウらしい彩りも、甲冑だからキンピカなので、よく言えば極彩色できれいと言えるのかもしれないが、やはりケバいとしか見えない。となれば、良いところがない……。
モンスターに知性がある、というのが特徴なのかもしれないが、主役たるマット・デイモンが行った時には、砦の面々は既に知っており、命がけでその秘密を知った、というような謎とその発見の驚きがないのだ。これはSFとしては致命的。
画面作りとして、『ロード・オブ・ザ・リング』がやりたかったのは明瞭(バレバレ?)で、マット・デイモンレゴラスだとか、投石機なんかが分かりやすい。それに加えて、ツイ・ハーク映画によく出てくるビックリドッキリ兵器(目を疑うバンジージャンプ槍兵や、壁から巨大ハサミが出てくるとか、気球に兵士が乗るとか)が加わる。
要するに本作は、中華ファンタジー版『パシフィック・リム』、香港時代によくあった劣化コピー版の映画と言えるかも。
中国の怪獣によくある問題として、モンスターにキャラクターとしての魅力が乏しいという、怪獣映画としての致命的欠陥は本作でも同様。
ラストも、前線で幼体に餌を長々と与えるとか、主人公サイドに都合良すぎ。
エンドロールさ絵画調のスチールで、レイヤーを組んで動いてる風に見せる。これ、よく見るけど最近の中国の流行り?

『15秒から始めるスマホ動画入門』

戸田覚
☆☆☆
青春出版社

ユーチューバーになるにはどうしたらいいか、というより、そもそもYouTubeに動画をアップして広告収入を得るのは、どういうプロセスになっているのか? を知りたくて読んでみた。
著者は、IT関係のライターとしてはベテランだが、YouTube歴は数ヶ月、という人。プロのノウハウ、というのり、エッセイ漫画家の体験記に近いスタンスといえる。
知りたかった結論は、
YouTubeの仕組み(略)「難しい」のではなく、「わかりにくい」だけです。」
YouTubeで収入を上げるためには条件があります。チャンネル登録数が1000名以上で、過去12ヶ月の動画再生が4000時間を超えていること(略)よく、一再生あたり0.1円程度と言われています。」

『機動戦士ガンダム3 めぐりあい宇宙』

☆☆☆☆★

久しぶりというか、H D版としては発売視聴。
良い言葉ではないのだが、リアルというより、ディスティニーとは違った、ぬるぬる動く作画、ぬめぬめした動きのエフェクトは、現在でも全く遜色ない……どころか、安彦監督自身による『オリジン』ですら再現できない(年齢と共に趣向が変わって、そもそもやる気がないのかもしれないが)、ロストテクノロジーオーパーツ的傑作。
それと富野セリフ、詰めに詰めたテンポの三拍子揃った大傑作だ。
例えば冒頭の、シャアとドレンの会話が終わるや否や、文字通り間、髪を入れず行動を指示する。ブライトの「回避運動任せる」の後、ミライが舵を切るまでの最低限の間と、劇伴が入るタイミングなどそれだけで感動するほど素晴らしい。
こんな感じでいくらでも書けるが、このへんにしておく。
決して懐古趣味だけではない傑作!